【3・11から5年】飼い主と再会かなわぬまま取り残されたペットたち

2016年3月9日6時0分  スポーツ報知

 福島第1原子力発電所の事故で半径20キロ圏内は警戒区域に指定された。多くの人が失ったふるさとの家。一方で現場周辺には、飼い主を失ったペットや家畜が取り残された。その問題に気付いた作家・森絵都さん(47)は警戒区域へと入り、救助活動を行った。著書「おいで、一緒に行こう」(文春文庫刊)では、被災者とそのペットたちを通じて見えた被災地の光景をつづっている。消えていきそうな動物たちの「生」を前に、何を思い、何を変えたいと思ったのか―。(久保 阿礼)

 作家として作品を通じて飼い主を失ったペットについて、問題提起をしてきた。大規模な原発事故。それでも森さんは現場へ向かった。

 「私も犬を飼っていますので、震災の後、迷子になっている犬や猫がいるだろうなと思い、被災地に入りました。ペットに関する情報も少なかったので、まず行ってみよう、と。福島県で何が起こっているのか、現場に行かないと分からなかったので」

 福島第1原発事故を受け、4月22日から半径20キロ圏内は警戒区域に指定され、自由に自宅へと帰れない状態になっていた。森さんは5月28日午前5時に、夫や編集者の菊地光一郎さん、カメラマンらと現場に向かった。車に水や餌、首輪などの「救助用品」を積んで都内から回り道をしながら、警戒区域へと入り、丸2日間にわたって取材をしながら、残されたペットの救出活動を始めた。

 「犬や猫をたまに見かけました。豚や牛や野生のサルもいた。ただ、どこに行っても人がいないので、現実ではない“どこか”にいるという感じです。保護しようとしても家の前にずっといる犬もいました。攻撃的で警戒心が強く、どうしても保護できなかった」

 環境省によると、東日本大震災で被災して死んだ犬は青森県で少なくとも31匹、岩手県で602匹、福島県では約2500匹とされるが、詳しい数字は分かっていない。また、警戒区域内では、県などにより11年末までに約1000匹の犬や猫が保護されている。「おいで、一緒に行こう」には、警戒区域内で撮影された動物の写真が掲載されている。道端で力尽きた猫、わずかな水たまりに身を浸す豚、用水路にはまって動けなくなった3頭の牛…。中には飼い主がいなくなり、放浪して死んだ犬や猫、鎖につながれたまま餓死した犬もいた。

 こんな光景も目の当たりにした。森さんらは救助活動の最中、甲斐犬風の虎柄模様の犬を見つけた。名前を「カイ」と名付けた。石川県の動物愛護団体を通じて、その後、里親に引き取られた。11年11月、飼い主が見つかった。飼い主は茨城県の団地で避難生活をしていた。避難所にペットを連れていくことは難しく「生きてほしい」と思いながら、鎖を外した。これほど、避難生活が長引くことは誰にも予想できなかった。「面倒をよく見ていた」という祖母が涙を流し、再会を喜んだ。だが、祖母は祖父が住む福島県の仮設住宅に通っていた。団地と仮設住宅ではペットを飼う環境にはない。住む場所を奪われ、支えとなる愛犬も飼うことができなくなった。

 「周囲に配慮してペットを自宅に残した飼い主さんがその後も再会できず、つらい目に遭っている人がいる。今回のことを学びとしてほしいですし、少しずつでも、ペットに対する考え方が底上げされれば、と思います」

 5年前の警戒区域だった半径20キロ圏内は、昨年9月の楢葉町など一部の区域で帰還できるようになった。被災したペットの保護数は12年に220匹、13年に147匹、14年はわずか3匹で、15年は保護実績ゼロ。飼い主から離れた全てのペットが保護されたわけではなく、ペットを失った飼い主の心の傷も癒えていない。

 「5年でいろいろなことは変わったかもしれない。でも、まだ5年です。まだまだ、これからですよね」

 ◆森 絵都(もり・えと)1968年4月2日、東京都生まれ。47歳。早稲田大学卒業後、90年、「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。06年7月、「風に舞い上がるビニールシート」で直木賞受賞。犬の保護問題をテーマとした「君と一緒に生きよう」など代表作多数。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)