乙武氏、参院選の出馬を断念

2016年3月30日0時5分  スポーツ報知

 フジテレビの「あしたのニュース」は29日夜、今夏の参院選で自民党から出馬予定だった作家の乙武洋匡(ひろただ)氏(39)の出馬が見送られることになったと報じた。24日発売の「週刊新潮」に、2001年の結婚後に5人の女性と不倫したなどと報じられ、本人が認めて、自身の公式サイトで「決して許されるものではありません」と謝罪したことを受けて判断したとみられるという。

 自民党は乙武氏を参院選の目玉候補者として、東京選挙区(改選6)で擁立する方向で最終調整を進めていたが、不倫発覚後、自民党の関係者からは「この一件で擁立しづらくなった。世間の反応を見て判断することになる」という声が漏れていた。4月5日には、40歳の誕生パーティーが都内で予定されている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)