【都知事選】小池氏「来てみたら近い」舛添前知事が行かなかった奥多摩に一番乗り

2016年7月22日6時0分  スポーツ報知
  • 奥多摩の水源林を視察した小池百合子氏

 小池百合子氏(64)は21日、東京・奥多摩町の水源林を視察。小池氏の陣営によると、舛添要一前知事(67)が通っていた別荘地の神奈川県湯河原町を「東京の奥多摩よりも近い」と発言し、全く奥多摩に足を運ばなかったことを小池氏が問題視し、他の候補者に先んじて行動で示そうとしたという。

 JR奥多摩駅前で「東京の奥の奥まで知ることで全てを知ることができる!」と街頭演説して地元民から拍手を浴びると、さらに車で約30分の集落へ向かい、ボランティアが植林したという人工林を視察。案内役の男性から都民の飲み水となる水源の貯水率が低下している現状の説明を受け「ボランティアの方々が守っている水源を都知事になったら応援してまいります」と約束。「来てみたら実際近いですよ」と話した。

 視察後は八王子駅など三多摩地区のJR駅周辺で、自民党を除名覚悟で支援する若狭勝衆院議員(59)らとともに街頭演説。ネット上で殺害予告をした男が逮捕されたことには「まずはホッと安心しています。何が起こるか分かりませんが、脅迫にひるまず選挙戦を勝ち抜いてまいりたいと思います」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ