将棋棋士にスマホ持ち込み・外出禁止令!12月14日から施行

2016年10月5日15時2分  スポーツ報知
  • 対局中、将棋会館の敷地外に外出することが禁じられる

 日本将棋連盟は5日、棋士がスマートフォンなどの電子機器を対局室に持ち込んだり、対局中に外出することを禁止する規定を新たに設けると発表した。違反した場合、除名相当の厳しい処分の対象になる。12月14日から施行する。

 新規定は、近年、棋士と遜色のない力を持つコンピューターの将棋ソフトを用いる不正行為の防止を意図したもの。棋士(女流棋士を含む)は、主な公式戦の舞台となる将棋会館(東京・大阪)での対局に臨む際、スマートフォン、携帯電話、タブレットなどの電子機器を事前に連盟内のロッカールームに預けなくてはならなくなる。また、対局中に敷地内から出ることも禁じられ、昼夕食時に外出することも出来なくなる。

 コンピューターソフトの進化とともに、新たな規定の必要性を主張する声も一部では上がってきたが、礼節を重んじる将棋界においては、疑いの目を持つこと自体が不適切という意見も多くあり、具体化してこなかった。しかし、連盟が9月下旬に約60人の棋士が集めて行った会合では、6割以上が新たなルールをつくることを支持し、実現の運びとなった。

 なお、主に地方の旅館で行われるタイトル戦については、主催社に対応を一任する。

 囲碁界では、対局中にスマホの着信音を鳴らすことを2度繰り返したら、当該対局を負けとする規定はあるが、電子機器の持ち込みや外出は禁じていない。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ