【ディズニー報知】TDLで“アナ雪”マッピング「フローズン・フォーエバー」1・13公開

2016年12月26日22時33分  スポーツ報知
  • TDL「フローズン・フォーエバー」のイメージ(C)Disney

 東京ディズニーランド(TDL)では、来年1月13日から3月17日まで、スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催するが、この冬は新たなキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」がシンデレラ城で公開される。

 全編を通してディズニー映画「アナと雪の女王」のシーンで構成されるキャッスルプロジェクションで、シンデレラ城の形状を生かしたプロジェクション技術により、映画では味わえない立体感や躍動感で、パークでしか体験できない世界を感じることができるという。「レット・イット・ゴー~ありのままで~」などの名曲が響き渡り、最後はパイロ(花火)が打ち上がり、感動的なフィナーレを迎える。公演時間は約15分。1日1~2回。現在、TDLで公演されている「ワンス・アポン・ア・タイム」は、この期間休演となる。

 ショーの公開に先立ち26日から、「フローズン・フォーエバー」の制作者スティーブン・デイヴィソン(エグゼクティブ、パレード&スペクタキュラー、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング・クリエイティブ・エンタテイメント)のインタビューが、YouTubeの東京ディズニーリゾート公式チャンネルで公開されている。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(www.tokyodisneyresort.jp/top.html)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

ディズニー

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)