つくば市成人式で乱闘19歳逮捕…石井国交相SPらが羽交い締め、首投げで制止

2017年1月9日6時0分  スポーツ報知

 茨城県つくば市で行われた成人式で、乱闘騒ぎが発生した。つくば中央署は8日、式典中に警察官の制止を振り切り壇上に立とうとしたとして、公務執行妨害の疑いで会社員の少年(19)を現行犯逮捕した。同署によると、少年からはアルコールが検出された。

 市などによると、式典は8日午後1時半から同市内のつくばカピオで、新成人1624人が参加して行われた。来賓を紹介中、新成人とみられる別の男性1人が壇上に上がり、絶叫。さらに5人ほどが続こうとしたが、来賓として招かれていた石井啓一国土交通相(58)=公明党茨城県本部=のSPや市職員らが若者数人を羽交い締めにしたり、首投げするなどして制止。場内は騒然となり、式典は約15分中断した。石井国交相や職員にけがはなかった。

 会場周辺では、数十人が改造車やバイクで乗り付け、道路の中央で国旗を振り回すなど騒ぎは続いた。

 つくば市の五十嵐立青市長は「昨年よりも警備態勢を強化していたにもかかわらず、このような事態を招いてしまったことは遺憾」とのコメントを出した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)