小池百合子都知事求む…21世紀版「報知の予言」

2017年1月31日5時0分  スポーツ報知
  • 本紙紙面を紹介しながら未来の東京について語った小池百合子都知事(左)(中は写真家の蜷川実花氏、右は長谷部健渋谷区長)

 小池百合子都知事が2020年東京五輪パラリンピックとその後を見据えて立ち上げた「東京未来ビジョン懇談会」の第1回会合が30日、都庁で開かれ、歌手・高橋みなみ(25)、俳優・伊勢谷友介(40)や現役高校生ら18人が出席した。

 小池知事は冒頭で「若い世代の皆さまの本音をお聞きしたい」と切り出し、報知新聞社が1901年(明治34年)1月2、3日に掲載した「20世紀の予言」の記事をスライドで紹介。ネットショッピングなどの予言の多くが実現したことを挙げ「当時はウソーと思われたことが100年たつと現実のものになっている」と参加者たちに柔軟なアイデアを求めた。

 この日は伊勢谷が「エシカルエコノミー(倫理的な経済)」、高校生が「若者の政治意識」について発表。高橋は自己紹介で「東京発のエンターテインメントのあり方について考えていきたい」と抱負を話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ