ボートレースまるがめ、爆破予告で競走中止!ファン900人避難

2017年3月13日5時45分  スポーツ報知
  • 爆破予告により7レース以降が中止となったボートレースまるがめ

 香川県丸亀市のボートレースまるがめに12日午後、男から「爆弾を仕掛けた」との予告電話があり、ナイター開催(G3オールレディース4日目)の第7競走以降が中止となった。午後8時の時点で爆発はなく、不審物も見つかっていない。香川県警丸亀署は威力業務妨害容疑で捜査を始めた。

 “水上の熱戦”が繰り広げられ、約900人のファンが楽しんでいた午後4時59分、ボートレースまるがめの代表電話に男の声で電話がかかった。「爆弾を仕掛けたから。上に言っておけ。(午後)7時に爆発する」。要求などはなく、男はそれだけ伝えると電話を切った。

 丸亀署によると、開催時には場内に署員が常に待機しているが、その署員から「爆破予告の電話が入った」との連絡があったという。同署は「場内の観客を早く避難させてほしい」と連絡。ファンの安全確保のために、開催中止を決定した。

 午後5時47分発走の第6競走後、続く第7競走の出場選手の展示航走(予想の参考のために行う練習航走)を終えた後、場内のビジョンで「爆破予告があったため、第7競走以降のレースを中止します」と発表。同時にアナウンスも行った。場内はパニックなどは起こらず、来場者は誘導に従って場外に退避した。

 午後6時半ごろから丸亀署員約30人とレース場の関係者らが場内を捜索したが、不審物は見つからず。予告時刻の午後7時になっても爆発はなかった。署員は午後8時で捜索を打ち切り、その後は関係者のみで場内を見回った。開催中、選手らが宿泊する施設はレース場と離れており、中止が決まった後の選手らは通常通り引き揚げた。

 この日は全出場選手が女子ボートレーサーという「オールレディース」の4日目。第6競走まで実施されたことから競走は成立しており、順延はされない。警察との協議により13日以降の開催が決まっても、中止前までの成績で番組が決定する。

 ◆天候不順以外で公営競技の開催が中止となった主な例

 ▼98年1月25日 松阪競輪 先頭誘導員が参加をボイコット

 ▼99年7月20日 花月園競輪※ バンクの一部に油がまかれる

 ▼04年7月11~26日 ボートレース桐生 水面に藻が大量発生

 ▼05年12月3日 ボートレース江戸川 水上にある標識ポールが折損

 ▼06年3月14日 船橋競馬 場内放送設備が故障し、ファンファーレや実況が不可能に

 ▼07年4月19日 浜松オート レース場周辺で配布される出走表にミス

 ▼15年1月17日 ボートレース三国 落雷のため大時計が作動せず

 ▼16年2月4、5日 小倉競輪 選手に集団食中毒の疑い

 【注】※は廃止。

 ◆最近の主な公営競技への爆破予告

 ▼岸和田競輪(2016年5月18日) 17日にインターネット上に「岸和田市内の施設複数箇所に爆弾を仕掛けた」という書き込みがあり、場外発売を中止。

 ▼ボートレースまるがめ(08年10月1日) 「爆弾を仕掛けた」などと書かれたファクスがレース場に送信された。10月4日に34歳の男が威力業務妨害の疑いで逮捕。

 ▼東京競馬場(08年5月20日) 2ちゃんねるに「時限爆弾を既に仕掛けた」などと書き込まれ、6月18日に34歳の男が威力業務妨害の疑いで逮捕。6月1日開催のダービーを妨害しようとしたもの。

 ▼ウインズ米子(03年5月25日) 「ウインズに爆弾を仕掛けた」と米子署に電話。71歳の男が威力業務妨害の疑いで逮捕された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)