慎太郎氏証人喚問、体調不良で3時間から1時間に短縮

2017年3月19日6時0分  スポーツ報知
  • 東京都議会の百条委員会に出席した比留間英人氏(左)、森沢正範氏(右)ら

 豊洲市場の移転問題を検証する東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)の理事会は18日、20日に実施する石原慎太郎元知事の証人喚問の時間を1時間に短縮することで合意した。

 当初は3時間程度を予定していたが、石原氏側が体調不良を理由に短縮を求めていた。百条委は別の日程を追加するなどして1時間より長く確保できないか石原氏側に打診したが、難色を示されたという。

 一方で百条委はこの日、現副知事の中西充氏を含め、2003~12年の間に「中央卸売市場」の市場長を務めた4人を証人喚問した。

 10年から2年間、市場長を務めた岡田至氏は、東京ガスと追加の土壌汚染対策費の負担を求めないことを合意したことについて「最終的には副知事と知事にご了解をいただいた」と証言。事前に石原元知事に報告し、了承されていたことを明かした。石原氏は3日の会見で「東京ガスの契約書にサインした記憶はない」などと説明していた。

 19日には、用地買収交渉のキーマンだった浜渦武生元副知事を喚問する予定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ