清水女流六段、将棋連盟女性初の常勤理事に「身の引き締まる思い」

2017年4月28日7時25分  スポーツ報知
  • 清水市代女流六段

 日本将棋連盟の新しい理事を決める予備選挙の投票が27日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、清水市代女流六段(48)が新理事に選出された。

 清水女流六段は1985年のデビューから現在に至るまで女流棋界のトップに君臨し、史上最多のタイトル獲得43期を誇る。現在、女流棋士会会長を務めている。過去に女流棋士が非常勤理事に就任した例はあるが、常勤理事としては史上初めてとなる。

 将棋界に新しい風を吹かすことになる清水女流六段は「これまで、将棋の普及、発展に、棋道の探究、伝道に努めてまいりました。今後は、これまでとは違う立場で、新たな可能性が広がりますことをうれしく思う反面、厳しい現実も目の当たりにし、改めて、身の引き締まる思いでもおります」とコメントした。

 ほかに関東所属の森内俊之九段(46)、森下卓九段(50)、鈴木大介九段(42)、佐藤康光九段(47=現会長)、関西所属では、脇謙二八段(56)、井上慶太九段(53=現常務理事)の2人が当選し、新理事に選出された。

 当選した7人は、5月29日の通常総会で正式に承認された後、就任する。同時に、理事の互選によって会長を選出するが、2月に就任した佐藤現会長が留任する見込みだ。

 将棋連盟は、棋士が対局中にコンピューターソフトを不正に使用したとする騒動での対応を巡り、1月に谷川浩司前会長(55)ら2理事が辞任。佐藤九段が新会長に就任した後、一部の棋士が他の理事5人の解任を請求し、投票により3理事が解任されていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)