「痴漢」で連行され逃走したが、ビルから転落死…40代会社員

2017年5月13日6時0分  スポーツ報知
  • 逃走した男性が倒れていたビルの隙間(一部加工)

 12日午前0時45分ごろ、JR京浜東北線の電車内で痴漢をしたと疑われた40代の男性会社員が、上野駅で降りた後に逃走した。通報を受け、警察官が周囲を捜したところ、近くの雑居ビル脇で倒れているのを発見。病院に運ばれたが、死亡が確認された。警視庁上野署はビルから転落した可能性が高いとみて、現場の状況を調べている。同署は都迷惑防止条例違反の疑いでも調べを進めている。

 上野署などによると、男性と30代の女性がトラブルになったのは、12日午前0時15分ごろ、京浜東北線の西日暮里―日暮里間を走行中の上り電車内。隣に座っていた男性に右手を握られたという女性は「なぜ手を触ったのか」と被害を訴えて、一緒に上野駅で降車した。女性が別の車両に移動しても、男性が付いてきたとの情報もある。2人に面識はなかったという。

 男性は逃げようとしたが、ホーム上で駅員に引き渡され、駅構内の事務室へ連れて行かれた。だが、同45分ごろ、隙を見て突然逃走したという。「アメ横の方に逃げた」という通報を受けて周辺を捜していた上野署の署員が、駅から約150メートル離れた昭和通り沿いのビルとビルの隙間で、血を流してうつぶせで倒れている男性を発見した。幅は約80センチ程度しかない狭さだった。

 男性は6階建ての雑居ビルに侵入して上層階まで上った後で転落した可能性があり、同署では事故と自殺の両方で調べている。ビル内の商業施設の従業員は「営業時間外だったので、何が起きたのか全く知らなかった」と話した。

 東京都内では痴漢を疑われた男性がホームから線路に飛び降りるなどして、逃走する事件が3月以降、8件相次いでいた。11日も午前7時45分ごろ、東京都港区のJR新橋駅で、女子高生への痴漢を疑われた20代後半から30代の男性が京浜東北線のホームから線路に飛び降り、JR浜松町駅方面に逃走する事件が起きたばかりだった。

 ◆痴漢と疑われて逃走した3月以降の主な事案

 ▼3月13日昼 JR総武線御茶ノ水駅 男30~40代。(20代女性)

 ▼14日午前9時頃 JR埼京線池袋駅 男40代?(20代女性)

 ▼29日午後8時25分頃 埼京線赤羽駅。詳細不明。

 ▼4月5日午後9時45分頃 埼京線板橋駅。詳細不明

 ▼13日午前7時45分頃 総武線両国駅。男・身長160~165センチ。(女子高校生)

 ▼17日午前9時45分頃 埼京線新宿駅 男30代くらい。(20代女性)

 ▼25日午前8時35分頃 埼京線板橋駅。無職の41歳の男逮捕。(20代女性)

 ▼5月11日午前7時45分頃 JR京浜東北線新橋駅。男20代後半~30代くらい。(女子高校生)※カッコ内は被害者

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ