週刊少年ジャンプが200万部割れ…「こち亀」「暗殺教室」終了影響か

2017年5月16日23時27分  スポーツ報知

 人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の1~3月期の平均発行部数が、200万部の大台を割り込んだことが16日、日本雑誌協会(雑協)の調査で分かった。ピークだった1994年の653万部(公称)の3分の1以下となった。

 雑協の調査では同誌は近年、右肩下がりに部数が減少。今回は前年同期比で約32万部減り、191万5千部となった。出版科学研究所(東京)によると、人気長期連載「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「暗殺教室」などの終了が背景にある。

 集英社によると、同誌は68年に月2回刊で創刊し、翌年に週刊化された。「ドラゴンボール」「キャプテン翼」「ONE PIECE(ワンピース)」など世界的ベストセラーを生んできた。

 雑協の調査では、今年1~3月期の「週刊少年マガジン」(講談社)は約96万4千部、「週刊少年サンデー」(小学館)が約32万部だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ