将棋連盟新理事紹介〈3〉脇謙二八段「将棋界全体を盛り上げていきたい」

2017年5月30日10時0分  スポーツ報知
  • 日本将棋連盟新理事の脇謙二八段

 日本将棋連盟は29日、都内で棋士総会を開催し、現役棋士7人を新理事に選出した。今後2年間、将棋界の舵取りを担う7人の経歴と横顔を紹介する。

 関西本部の総務・渉外部を担当する脇謙二八段(56)は1960年、大阪市生まれ。故・高島一岐代九段門下。75年、奨励会入会。79年、四段(棋士)に。83年、若獅子戦優勝。

 相矢倉戦における戦型「脇システム」の創始者。昨年度は王位リーグを入りを果たし、健在ぶりを示した。情熱的な将棋を指し、対局室が停電になった後に暗闇の中でも勝負を続けた伝説を持つ。

 野球好きで、長らく将棋連盟の野球チーム「キングス」で中心的役割を務めてきた。

 以下、立候補の理由と抱負など。

 「現在、関西にはすごく良い風が吹いています。タイトル戦に連続で挑戦者が出ていますし、初めての挑戦でも若い力を発揮してくれています。藤井聡太四段は社会現象といっていい話題性を持っていますし、若い力をうまく活用して、将棋界全体を盛り上げていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

 以前、奨励会幹事をやっていました。当時入会した子が今、たくさん活躍しています。将棋を指して生活していけるという環境をなんとしても引き継いでいきたい、つなげたい、そういう思いで立候補しました。なんとか将棋界の良い伝統を引き継いでいきたいと思いましたし、藤井聡太四段もそうですが、先輩が後輩の将来を奪うようなことは絶対にしてはいけないと感じたので、彼らのために何かできるのではないかと思って立候補しました」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ