将棋連盟新理事紹介〈4〉井上慶太九段「(関西では)非常に良い風が吹いております」

2017年5月30日10時0分  スポーツ報知
  • 日本将棋連盟新理事の井上慶太九段

 日本将棋連盟は29日、都内で棋士総会を開催し、現役棋士7人を新理事に選出した。今後2年間、将棋界の舵取りを担う7人の経歴と横顔を紹介する。

 再任され、関西本部普及部を担当する井上慶太九段(53)は1964年、兵庫県芦屋市生まれ。若松政和七段門下で、同門の兄弟子・谷川浩司九段の背中を追ってきた。79年、奨励会入会。83年、四段(棋士)に。85年、新人王に。96年には、羽生善治現三冠が七冠を制覇した後に連勝を止めた相手としてスポーツ紙の一面を飾ったこともある。熱狂的なタイガースファン。

 弟子の稲葉陽八段、菅井竜也七段、船江恒平六段はいずれも強豪だ。

 以下、抱負など。

 「今、関西では若手棋士が次々とタイトル挑戦を果たしております。藤井四段も関西所属の棋士ですので、非常に良い風が吹いております。普及や将棋教室、イベント等にいろいろな分野で発展させていきたいと思います」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ