将棋連盟新理事紹介〈5〉森下卓九段「多くの方々の努力を引き継いで頑張っていきたいです」

2017年5月30日10時0分  スポーツ報知
  • 日本将棋連盟新理事の森下卓九段

 日本将棋連盟は29日、都内で棋士総会を開催し、現役棋士7人を新理事に選出した。今後2年間、将棋界の舵取りを担う7人の経歴と横顔を紹介する。

 10年ぶりの理事返り咲きでメディア部や総務部担当となった森下卓九段(50)は1966年、北九州市生まれ。故・花村元司九段門下。78年、奨励会入会。83年、四段(棋士)に。棋戦優勝8回。A級在位10期、タイトル挑戦6度を誇る。矢倉戦に新たな思想を持ち込んだ「森下システム」の創始者。電王戦ではコンピューターソフトと名勝負を繰り広げ、話題を呼んだ。

 実直な人柄で知られ「100メートル先からでも深々とお辞儀をする男」とも称される。

 以下、立候補の理由や抱負など。

 「将棋界には古い伝統があります。ファンの皆様、スポンサーの皆様、偉大な先人の力あって今日があると思っています。多くの方々の努力を引き継いで頑張っていきたいです。藤井聡太四段を始め、将棋界には真面目で魅力的な有望な若手が多数います。将棋界の財産である彼らが十分輝く舞台につくりたい、彼らの力によって将棋界を輝かせてもらいたい、という思いで及ばずながら職責を果たしていきたいと思っております」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)