将棋連盟新理事紹介〈1〉佐藤康光九段「一歩一歩前に進めればと思います」…会長再任

2017年5月30日10時0分  スポーツ報知
  • 日本将棋連盟会長に再任された佐藤康光九段

 日本将棋連盟は29日、都内で棋士総会を開催し、現役棋士7人を新理事に選出した。今後2年間、将棋界の舵取りを担う7人の経歴と横顔を紹介する。

 会長に再任された佐藤康光九段(47)は1969年、京都府生まれ。田中魁秀九段門下。82年、奨励会入会。87年、四段(棋士)に。93年、初タイトルの竜王を獲得。通算獲得タイトルは名人2期など13期。永世棋聖資格保持者。今年、紫綬褒章を受章した。

 2月に会長に就任したばかりだが、今月23日には一連の騒動で三浦弘行九段と和解合意に至るなど早くも手腕を発揮している。

 デビュー当初は「緻密流」「1億と3手読む男」と称された本格派だったが、同世代の羽生善治三冠(46)に勝つために棋風(将棋のスタイル)を改造。「誰も真似してくれない」と本人も嘆くほどの独創的な将棋を指してファンを沸かせている。

 ゴルフとバイオリンの腕前はかなりのもので、若い頃は「モテ光」というニックネームで呼ばれていた。

 以下、抱負。

 「映画『3月のライオン』、また藤井聡太四段の活躍で将棋界を採り上げていただく機会が増え、新たに将棋を始められる方、将棋界に関心を持っていただく方も増えたと感じております。一過性にすることなく、全国の普及事業の受け皿もより大きくし、対応できるよう努めたいと思います。課題は山積しておりますが、みんな張り切っております。一歩一歩前に進めればと思います」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ