東国原氏、安倍首相をバッサリ「やけくそですね。殿ご乱心」「基本抑えていない」

2017年6月28日15時30分  スポーツ報知
  • 東国原英夫氏

 前宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏(59)が28日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・後1時55分)に出演し、24日に神戸で行われた安倍首相の講演内容をメッタ斬りした。

 安倍首相は講演内で「逆風に神戸の空はさつき晴れ」と俳句を披露したが、同局系人気番組「プレバト」で俳句の名人認定されている東国原氏は「30点ぐらい。基本を抑えていない」と評価した。理由として「高浜虚子以降の客観写生から入っていかないと俳句にならない。その基本を踏襲していない」と指摘。「思ったことを単刀直入に言えばいいというものではない」と手厳しく、「プレバト的に言うと『才能なし』」としていた。

 また、同講演で首相が加計学園問題に関連し「中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因となった」「地域に関係なく、2校でも3校でもどんどん獣医学部の新設を認めていく」と語ったことに対して「やけくそですね。殿ご乱心も…みたいな感じですね。とりあえず今までは1校に限定してって論調ですから、それを煙に巻くというか、薄めるためというか」とコメントしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ