上西議員、浦和サポからの襲撃予告は「共謀罪に当たる」と警察説明と述べる

2017年7月19日17時14分  スポーツ報知
  • 上西小百合議員

 サッカー親善試合・浦和―ドルトムントについてのツイッターが原因で殺害予告を受けた上西小百合衆院議員(34)が19日に会見を開き、同日午前に警察へ相談したことを明らかにした。被害届は後日提出する。

 一方で事務所関係者は、17日に酔っ払った複数の浦和サポから「今からそっちに行くからな!」といった趣旨の襲撃予告を事務所に電話で受けたことも告白。同関係者は「きょう警察に『これって共謀罪にあたる可能性がありますか? と聞いたら『そうですね』と言われた」と述べた。

 共謀罪とは正式には「テロ等準備罪」といい、組織犯罪を計画段階で処罰できる法律。大きな議論を巻き起こしながら、6月に同罪を新設した「改正組織犯罪処罰法」が国会で成立した。今月11日に施行。もし今回の事案が適用されれば「共謀罪第一号」となる。

 ただ同関係者によると今回の場合は脅迫罪か威力業務妨害の適用が濃厚だといい「うちとしても絶対に共謀罪はやめてほしいと警察には言いました」と明言。上西氏本人も「私は共謀罪には反対の立場だったので…。絶対ヤダ」と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)