北ミサイル、自衛隊が撃ち落とせば反撃の矛先が向く…辺真一の目

2017年8月11日7時0分  スポーツ報知

 北朝鮮は核・ミサイルの実験についてはこれまで有言実行だった。発射中止の交換条件として「米韓軍事演習の中止」と「B1戦略爆撃機の配備の中止」を挙げているが、米国が受け入れないことは百も承知だろう。問題はグアム島アンダーセン空軍基地へ向けて実際に発射された場合の対応だ。

 トランプ大統領は迎撃態勢は完璧と主張している。それだけに北朝鮮が4発撃った場合、1、2発の迎撃に失敗をするようなことがあれば赤っ恥となってしまう。迎撃の失敗を恐れた場合には、北朝鮮のミサイル発射台を叩いてしまおうということになる可能性もある。

 日本の対応も難しい。グアム島へ向けて発射されたミサイルが日本の領空・領海を通過する場合は国際法上、集団的自衛権を行使して自衛隊が撃ち落とすことができるが、その場合は、北朝鮮の反撃が日本に向けられてしまう。見過ごして米国に任せた場合は米国からクレームがきてしまうだろう。(コリア・レポート編集長)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ