藤井四段が夏休み最後の対局白星で飾れず…A級棋士・豊島八段に敗れ4敗目「実力不足」

2017年8月24日20時10分  スポーツ報知
  • 豊島将之八段戦に敗れ、マイクを手に対局を振り返る藤井聡太四段
  • 豊島将之八段(右)との対局で、初手を指す前にお茶をすする藤井聡太四段

 将棋の第43期棋王戦挑戦者決定トーナメント2回戦が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、藤井聡太四段(15)は豊島将之八段(27)に87手で敗れ、公式戦4敗目(38勝)を喫した。

 歴代新記録の公式戦29連勝を樹立した“時の人”藤井四段が名人戦順位戦のA級棋士と公式戦で対戦するのは初めてだが、正真正銘のトップクラスの厚い壁に阻まれた。「実力不足を痛感しました」と藤井四段。トーナメント敗退で、今期、中学生のうちに獲得できるタイトルはなくなった。

 藤井四段の先手で始まった対局は午前11時53分、同一局面が4回出る「千日手」が59手で成立。昼食休憩後の午後12時40分から先手・後手が入れ替わって指し直された。藤井四段にとって公式戦での千日手成立は6月2日の澤田真吾六段戦(20連勝目)以来2度目。一般的にやや不利とされる後手に回った上、千日手局で持ち時間を1時間以上消費していたことが響いた形だ。藤井四段の通算4敗はすべて後手番。

 2人は同じ愛知県出身。今年5月に同県岡崎市で開催された「第24回将棋まつり」で公開対局(非公式戦)を行っており、豊島八段が圧勝した。藤井四段は“リベンジ”を期したが、返り討ちにされた。

 藤井四段は9月1日に中学校の2学期の始業式を迎えるため、この日が夏休み最後の対局。「1日ざっと7時間ほど」将棋の研究に費やした夏休みだったが、最後は黒星となった。

 藤井四段の次回公式戦は中学校始業式の翌日の9月2日、東京・将棋会館で行われる加古川青流戦予選。午前に昨期の覇者・井出隼平四段(26)と対戦する。勝てば午後にもう一局あり、2連勝すれば決勝三番勝負に進出する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ