アニメ「巡礼ブーム」全国88か所を聖地認定…「君の名は。」から2か所

2017年8月27日6時0分  スポーツ報知
  • 境港市・水木しげるロードにある水木さんのブロンズ像

 一般社団法人「アニメツーリズム協会」が26日、千葉・幕張メッセで開幕中のアニメキャラクターなどのイベント「C3AFA TOKYO2017」で「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」を発表した。昨年大ヒットした映画「君の名は。」の舞台となった岐阜県飛騨市や東京都新宿区などをはじめ、全国88か所を「聖地」として初めて選定。近年ブームとなっている「聖地巡礼」の後押しとなりそうだ。

 アニメ作品の舞台となった場所やゆかりの土地を訪ねる「聖地巡礼」は、昨年の新語・流行語大賞でベストテン入りするなど社会現象となっている。アニメを愛する国内外の“巡礼者”たちの手引きとなる聖地が初めて選定された。

 主催の「アニメツーリズム協会」は日本の人気アニメを活用し、訪日観光客の誘致促進を目指す団体。人気シリーズ「機動戦士ガンダム」などを手掛けたアニメ監督の富野由悠季(よしゆき)さん(75)が会長を務め、出版大手KADOKAWAやJTB、日本航空の役員らが理事会メンバーとなっている。

 聖地は、作品の舞台、モデルになった場所や漫画家らの記念館など。四国のお遍路にちなんで88か所が選ばれた。全世界を対象にしたインターネット投票の結果をベースに、アニメを生かした集客事業など自治体の実績なども評価の対象となった。

 日本歴代4位の興収250億円超を記録するなど、社会現象となった「君の名は。」からは、主人公の瀧と三葉(みつは)がすれ違う階段が描かれている須賀神社のある東京・新宿区、三葉が住む田舎町のモデルで、JR飛騨古川駅などの風景が作品に描かれている岐阜県飛騨市の2か所を選定。また、オタク女子高生が主人公の「らき☆すた」に登場する「鷹宮神社」のモデルとされ、聖地巡礼の「元祖」とされる埼玉県の鷲宮神社(旧鷲宮町)がある久喜市なども選ばれた。

 今後、各スポットでは地元自治体や作品の権利者と協力し、「聖地認定プレート」や来訪記念のご朱印(スタンプ)の設置、聖地を核とした観光ツアーの開発などを行う。富野さんは「アニメを出発点にして、(土地のことを)幅広く知ってほしい。観光地(聖地)の渋滞をどうするか、ということも考えていかなければいけないと思う」と話した。

 ◆「全国ふるさと甲子園」は広島・尾道市グランプリ

 映画やテレビドラマの舞台やロケ地となった全国各地の自治体が、それぞれのご当地グルメなどの魅力を競い合う「全国ふるさと甲子園」がこの日、都内で開かれた。来場者の投票数で選ばれる「行きたいまち」は、映画「こいのわ婚活クルージング」の舞台・ロケ地の広島県尾道市がグランプリになった。「君の名は。」の舞台となった岐阜県飛騨市は6位だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ