上西小百合議員、日の丸羽織りW杯出場祝福「こう見えてもサッカー好きなんですよ」

2017年8月31日23時46分  スポーツ報知
  • 日の丸を掲げてW杯出場を決めたサッカー日本代表を祝福する上西小百合衆院議員

 上西小百合衆院議員(34)が31日、大阪・中央区のライブハウスで政治トークイベントを開催後、ロシアW杯出場を決めたサッカー日本代表を祝福した。報道陣の要請に応じ、日の丸を背負って記念撮影。「おめでとうございます。私、こう見えてもサッカー好きなんですよ」とご機嫌にアピールした。

 上西氏は7月、浦和レッズ対ドルトムント(ドイツ)戦後に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイート。ファンの怒りを買い、殺害予告が届いたり、浦和サポーターを名乗る人物が事務所に乱入するなどの騒動に発展。「くたばれレッズ」などとつぶやき、さらに炎上していた。

 イベント中、ほぼ同時刻にスタートした試合を「サッカー、どうなってるんですかね」などと気にする様子を見せていたが、公設秘書の笹原雄一氏から「サッカーファンはこの時間にここには集まってないよ」と言われて納得していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)