【ディズニー報知】TDSで“ヴィランズ”ハロウィーン先行公開…雨でも悪役はレインコートを着ない

2017年9月7日16時30分  スポーツ報知
  • TDS「ザ・ヴィランズ・ワールド」ではアクアボードで水上を飛び回る演出が初登場

 東京ディズニーリゾート(TDR)で8日から秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催されるのに先立ち、ランド(TDL)とシー(TDS)でプレスプレビューが7日、開催された。

 TDSのメディテレーニアンハーバー(海)では、ディズニーの悪役キャラクター軍のヴィランズが主役を務めるハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」が繰り広げられた。ウィックド・クイーン(白雪姫)、キャプテン・フック(ピーター・パン)、ハデス(ヘラクレス)、ジャファー(アラジン)、マレフィセント(眠れる森の美女)、アースラ(リトル・マーメイド)が海を占拠。

 昨年と同じく、ミッキーらディズニーの仲間たちを招待し、ヴィランズの魅力を伝えるストーリー。今年からの新演出は、アクアボードから噴射される水柱に乗って空中を飛び回るダンサーが加わったこと。最高10メートルの高さまで浮上した2人のダンサーが水上を交差するように飛び回った。

 この日の初回は小雨決行の特別バージョンとなった。暗雲はヴィランズの雰囲気にぴったり。ミッキーらキャラクターは、透明のレインコートを着用しての雨対応だったが、ヴィランズたちは、レインコートを着ずに登場。その悪役精神はさすがだと思った。

 8月まで、この海は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの海賊船長ジャック・スパロウに乗っ取られていたが、ジャックはすでに去っており、当然のことながらヴィランズとの“夢のニアミス”は実現しなかった。

 TDLでは、昨年と同じミュージックフェスティバル「ハロウィーン・ポップンライブ」がパレードルートで展開され、音楽とミッキーらキャラクターのコスチュームが新しくなった。また、ワールドバザールには巨大なミッキー形カボチャのデコレーションが初登場した。

 TDRのハロウィーンが今年20周年を迎えたことを記念して、この日のTDLの開園前に、ミッキーマウスとミニーマウスの仮装をしたゲスト500人が無料招待され、シンデレラ城のキャッスル・フォアコートでミッキー&ミニーと一緒にダンスして記念撮影する限定イベントも行われた。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

ディズニー
  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)