倉持麟太郎氏、29日予定のイベント「一身上の都合により」中止

2017年9月7日21時56分  スポーツ報知

 7日発売の「週刊文春」で“ダブル不倫疑惑”が報じられ、同日夜に民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)のお相手で弁護士の倉持麟太郎氏(34)が、29日に開催予定だったイベントを中止したことが分かった。

 都内で弁護士法人を主宰している倉持氏は憲法問題に詳しいことでも知られ、テレビの報道番組にもコメンテーターとして出演。29日のイベントは「倉持塾」と題され「日本の改憲論議をリードする講義」として、参加者を募集していた。同日は第1回の開催で、ゲストには中谷元・元防衛相を迎え、憲法9条や安保法制に関して、議論をする予定だった。

 ホームページ上では、中止の理由について「講師の一身上の都合により」とだけ書かれている。

 また、コメンテーターを務める東京MXテレビ「モーニングCROSS」(月~金曜・前7時)では、出演を一時取りやめる騒動が起きていたことが分かった。12日放送の同番組に出演予定だった倉持氏は、疑惑が報じられた6日午後、番組ホームページの「今後のゲスト予定」欄から名前と写真が消滅。しかし7日に再び名前が記載された。同局関係者は「12日の出演に関して6日から話し合いをしている中でそうなった」と説明。7日の時点では「引き続き協議を続けている」としている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)