上西小百合氏、阪神・掛布2軍監督退任に「タイガースは何考えているんだろう」

2017年9月10日7時52分  スポーツ報知
  • 上西小百合氏

 衆議院の上西小百合議員(34)が10日、自身のツイッターを更新し、阪神・掛布雅之2軍監督(62)が今季限りで退任するニュースについて見解を示した。

 上西氏はツイッターで「掛布退任ってタイガースは何考えてるんだろう」と批判した。その上で「巨人は勝たなきゃいけないらしいけど、タイガースは勝てばいいってもんじゃない。ダメ虎だってタイガース。自分でも何言ってるかわからないけれど、2軍に掛布監督がいるっていう贅沢が素晴らしいのに。年内に鳴尾浜に行く」と予告した。

 掛布2軍監督は8日に神戸市内で四藤球団社長と会談し、2年契約の満了を通告された。球団は今後、球団内に新たなポストを設置し、違う形でサポートしてもらうことを希望。後任は今岡真訪(まこと)2軍打撃兼野手総合コーチ(42)の昇格が有力となっている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ