豊田真由子議員の新たな暴言音声…松森氏妻?に「あの女もふてぶてしいよな」

2017年9月13日8時33分  スポーツ報知
  • 真矢ミキ

 13日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で秘書への暴言暴行で自民党を離党した衆議院の豊田真由子議員(42)の新たな暴言音声を報じた。

 音声は、この問題をスクープした「週刊新潮」から提供されたもので、時間は1分40秒。番組では暴言は、これまで報じられた男性秘書へではなく別の秘書へ向けられたものとし「あの女も本当、ふてぶてしいよな」、「死ねば?生きている価値ないだろ。お前とか、松森とか」と言い放っている。この「松森」という人物について、番組では青森県板柳町の松森俊逸町議(61)の妻で公設秘書を務める女性と見られると報じた。

 さらに音声では、秘書へ「つもりがなくてもな、人殺したら過失致死で牢屋に入るんだよ」、「お前らは白痴か。痴呆症か。じじいとばばあで」などの暴言が放送された。

 豊田議員は、今月発売の「月刊文藝春秋」のインタビューに応じ、元秘書の男性への謝罪、暴行、暴言への釈明、今後も議員として活動していく心境などを明かしている。

 MCの真矢ミキ(53)は「やっぱりこういう朝はキツイですね。目覚ましにしたらいいんじゃない」と苦笑いし、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(34)は「感情的になっちゃうと止められなくなってしまう人なんだろうな」とした上で「ボクはもめそうだなという時に録音するようにしているんですよ」などと明かし、「豊田さんも録音しておけば良かった」と提言していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ