豊田真由子議員の暴言問題、テリー伊藤氏「元秘書Aさんのお嬢さんに謝るべき」

2017年9月14日9時51分  スポーツ報知
  • テリー伊藤

 14日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で新たな暴言音声が発覚した衆議院の豊田真由子議員(42)の秘書への暴言暴行問題について特集した。

 番組では、これまで「週刊新潮」が公開した音声をすべて文字にしスタジオで紹介。3104文字ある言葉をパワハラの専門家に分析してもらったところ、そのほとんどがパワハラにあたると指摘された。

 MCの真矢ミキ(52)は、こうした結果に「子供だったらいじめで即、呼び出されていますよね」と示した。コメンテーターのテリー伊藤氏(67)は、豊田氏がこのほど月刊誌のインタビューに応じたことを受け、読んだ感想として暴言を受けた元秘書のA氏への恨みばかりで「反省がない」と断じた上で、豊田氏が一番、謝罪しないといけない人は「Aさんのお嬢さんですよ」と指摘した。

 一連の暴言で豊田氏はAさんに対し「お前の娘をひき殺す」などと発していることで「お嬢さんにとっては、たまったものではないですよ。私は殺されるんだって、考えますよ」とし、こうした謝罪がまったくない状況で「自分の弁護ばかりしているところが、彼女の人格なのかなと思います」と指摘していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ