豊田議員、多くの批判も「もう一回、国と地元のために」

2017年9月17日23時1分  スポーツ報知
  • 豊田真由子衆院議員
  • 宮根誠司アナウンサー

 17日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜・後9時)で、衆議院の豊田真由子議員(42)とフリーアナウンサーの宮根誠司アナ(54)との2時間にも及ぶインタビューが放送された。

 15日に都内で収録されたインタビューで、暴言音声について反省の弁を述べた豊田議員。「地元に帰って、おわび行脚をして、これまでのご迷惑をかけた方にきちんと謝って、スタートするんだと言うことしか考えられない」と話し、「今回厳しいご意見、ご批判があることは本当に重く受け止めていますので、その上でもう一度チャンスを頂けるのであれば、ご関係の皆様とも話をして、もう一回、国と地元のために身を粉にして働きたい。失敗をさらしながら、一生懸命償いたい」と、国会議員を続けたいと語った。

 インタビューの最後には、宮根アナが「やってはいけないこと、言ってはいけないことはあったわけですけど、ダメなやつでも頑張るんです。頑張りましょう。逃げたら楽ですけど、逃げたらあきませんって」と励まし。豊田議員は深くうなずきながら「本当に、傷つけた全ての方に、本当の自分の人生を振り返って申し訳ないと思いますし、過去はやり直しがきかないですけれど、未来に向かって本当、全部反省して、もう一回生きていかなきゃいけないな」と涙ながらに語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)