尾木ママ、日馬富士引退に「何だか割り切れない気持ちになりました」

2017年11月30日14時19分  スポーツ報知
  • 尾木直樹氏

 教育評論家の尾木直樹氏(70)が30日、「横綱引退、色々な見方が、、」と題しブログを更新した。

 尾木氏は「日馬富士の引退会見見ていて何だか割り切れない、やりきれない気持ちになりました」とつづった。

 その上で「もちろん、暴力は如何なる場合でもダメです しかし、やりきれなさの根っこにあるのは・相撲界、協会の抱える矛盾やリーダーシップのなさなどが、まとわりつくように貴乃花親方の不可解な沈黙、実態解明、公表もない中での横綱引退と言う幕引き??にありますーー・自らの更正、回復、復元力なくした組織は、形式的な外部の警察権力に頼らざるを得ないのかもしれないです。今回の事件立場によって随分受け止め方もコメントも違いますーー」と示していた。

 さらに「大相撲の発展 相撲道の追求 願いは同じようですから日馬富士の引退を決して無駄にしない気持ち大切に考えていきたいですね」と記していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)