藤井四段の2017年ラスト対局ランチは「親子丼&温そば」

2017年12月28日12時42分  スポーツ報知
  • 藤井聡太四段が2017年最終対局で注文した昼食と同じ、親子丼と温そばのセット

 大阪市福島区の関西将棋会館で28日午前10時に始まった藤井聡太四段(15)と豊川孝弘七段(50)の王座戦1次予選は、正午、昼食休憩に入った。

 藤井四段の2017年最後の対局ランチは、親子丼と温そばのセット。昨年12月24日のデビュー戦(対加藤一二三・九段)では昼食に味噌煮込みうどんを注文。以来、そばやラーメンを食すことが多く、無類の麺好きとして広く知られるようになった。連勝街道ばく進時は、ワイドショーも出動して配達の裏側もリポート。藤井四段は常々「勝負とは関係ありませんので…」と苦笑しているが、“勝負メシ”として注目を集め、チョコレートなどおやつも話題になった。

 豊川七段はハンバーグ定食(ご飯大盛り)でエネルギーを注入した。

 王座戦は持ち時間各5時間で夕食休憩もあるが、昼食の温そばが、勝利に結びつく“年越しそば”となるか。

藤井聡太四段が昼食に注文したものと同じ、親子丼と温そばのセット

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ