日本最高齢のレッサーパンダが死ぬ 23歳5か月天寿全う 通常寿命は15年前後

2018年1月2日15時49分  スポーツ報知

 山口県美祢市の「秋吉台自然動物公園サファリランド」は2日、公式ツイッターで現存するレッサーパンダで日本最高齢だった「宝宝(バウバウ)」が死んだと発表した。

 公式ツイッターで「今日は訃報をお伝えいたします… 現存するレッサーパンダで日本最高齢として皆様から温かく見守っていただいた『宝宝(バウバウ)』が今朝、亡くなりました。23歳5か月22日。サファリで最初のお父さんレッサー。思い出をありがとう…今まで気にかけてくださった皆様。ありがとうございました」と報告した。

 動物園などで飼育されているレッサーパンダの寿命は10~15年ほどとされている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ