“牛丼無料渋滞”でバス1時間半遅れ…小倉氏「警察出る騒ぎを起こしちゃいかん」

2018年2月6日10時0分  スポーツ報知
  • 吉野家の牛丼

 フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)は6日、2日に全国規模で発生した“牛丼無料騒動”を取り上げた。

 騒動のきっかけは、携帯電話会社のソフトバンクが牛丼チェーンの吉野家で使える「牛丼1杯」無料クーポンをユーザーに配信したこと。25歳以下の学生ユーザーは「2杯無料」だった。全国の店舗に多数が来店し大盛況だったが、ドライブスルーでの入店待ちで交通渋滞を引き起こすなどの問題も目立った。

 番組によると、東京・練馬では商店街に約30メートルも人が並び、近隣の店舗に入りづらくなるなど通行に影響が出た。商店街の関係者は「せめて列を作るなら、ガードレール沿いで」「(他の店の)入り口を塞がないで並んで欲しかった」と苦言を呈した。

 また福岡県内では、片側1車線の道路に約1.2キロの渋滞が発生。道路沿いの焼き肉店は、かき入れ時の金曜夜にも関わらず客が店までやって来られないため、午後7時に早々と臨時閉店した事例も起きた。さらに北海道・帯広市では警察官も出動して交通整理が行われる事態となった。

 ソフトバンクユーザー向けの同様の無料キャンペーンはこれまでも行われていたが、ここまでの騒動に発展したのは初めて。番組ではソフトバンク側の「(キャンペーンの)認知度が上がったのでは?」とのコメントを紹介した。

 騒動を受け、吉野家は公式サイトに「弊社店舗周辺においては交通渋滞の発生等により、お客様ならびに地域の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。今回の結果を踏まえ、次回以降は店舗の運営体制の改善に努めてまいります」とのリリースを発表していた。

 番組MCの小倉智昭氏(70)は「近隣に迷惑をかけちゃいけない」「警察が出てくる騒ぎを起こしちゃいかん」などと険しい表情を浮かべていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)