大仁田氏の出陣式に“乱闘相手”森ゆうこ議員が応援に

2018年4月9日7時0分  スポーツ報知
  • 大仁田厚氏(左)の出陣式に駆け付けた森ゆうこ参院議員

 佐賀県神埼(かんざき)市長選挙(15日投開票)が8日、告示され、現職の松本茂幸氏(67)と元プロレスラーで参院議員も務めた大仁田厚氏(60)の2人が立候補した(届け出順)。ともに無所属での立候補で、一騎打ちとなることが決まった。神埼市は06年に、神埼町、千代田町、脊振村が合併してできた新しい自治体で、前回14年4月の選挙は立候補届け出者が松本氏だけで無投票の当選だった。

 大仁田氏の出陣式には、原口一博元総務相(58)と森ゆうこ参院議員(61)が応援に駆け付けた。大仁田氏と森氏は03年のイラク復興支援法案の採決をめぐって、国会で乱闘を繰り広げた因縁があるが、森氏はかつての好敵手として今回の応援を快諾。「私と大仁田さんの戦いは今でも年に2回か3回、テレビで見ますが、大仁田さんだから思いっきりいけた」と振り返り、「神埼市を私は知りませんでした。吉野ケ里(遺跡)は知ってますけど。でもみなさん、大仁田さんが市長になれば日本一有名な市になりますよ」と訴えた。

 旧神埼町長で、4期目に挑む松本氏もこの日、市内で支援を訴えた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)