“体育会系”アプガスピリットは健在!19日「5thアルバム(仮)」リリース

2018年6月9日6時0分  スポーツ報知
  • YOSAKOIへ意気込むアップアップガールズ(仮)の(左から)古川、関根、新井、佐保、森

 “体育会系”アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」が8日、札幌市の報知新聞北海道支局を訪れ、今月19日リリースの「5thアルバム(仮)」をPRした。昨年までのメンバーから2人が卒業し、5人体制になって初のアルバム。森咲樹(24)は「熱い感情をぶつけた曲や大人の女性を歌った曲など、色んなタイプの曲が詰め込まれています」とアピールした。

 今年もYOSAKOIソーラン祭りの応援アイドルに就任し、総勢100人でTEAMアプガを結成。10日に札幌の中心部を練り歩く。振り付けも担当した古川小夏(26)は「アルバム収録の『上々ド根性』という曲をYOSAKOIバージョンにし、これまでとは違った踊りをお見せします」と熱い演舞を予告した。

 9日には中央区のKRAPS・HALLで7周年ツアーのライブを開催。昼、夜と趣向を変えたステージで“体育会系”パフォーマンスを披露する。佐保明梨(23)は「5人になってもアプガのスピリットを守っていかなければ」と気合を見せた。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ