中野区長初当選の酒井氏、中野駅北口再開発「立ち止まって議論」

2018年6月12日7時0分  スポーツ報知
  • 中野区長選で初当選した新人の酒井直人氏

 10日投票、11日に開票された中野区長選(東京)は無所属新人の元区職員・酒井直人氏(46)=立憲民主、国民民主党推薦=が、5選を目指した現職の田中大輔氏(66)=自民、公明党中野総支部、維新推薦=ら3人を破り、初当選した。

 会見した酒井氏は、争点となった中野サンプラザ解体を含むJR中野駅北口の再開発について「子育て支援や高齢者福祉にしっかり取り組み、現行の駅前再開発は立ち止まって区民と議論したい」と見直す考えを示した。酒井氏は約20年間、区職員を務めたが「住民の声が反映されぬままトップダウンで再開発計画が進められている」と訴えていた。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ