金正恩委員長、史上初の米朝首脳会談で完全非核化を約束

2018年6月12日16時46分  スポーツ報知
  • 米朝首脳会談で握手するトランプ米大統領(右)と金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで会談した。米朝首脳会談は史上初。

 両首脳は会談後「シンガポール共同声明」に署名した。複数のメディアによると、正恩氏は共同声明で、南北首脳による板門店宣言を再確認し「朝鮮半島の完全非核化」を約束した。トランプ氏は北朝鮮の非核化プロセスを迅速に始めると強調、正恩氏をワシントンのホワイトハウスに招待する意向を示し「過去とは異なる米朝関係に向かう」と述べた。

 両首脳は会談で、米朝関係改善に意欲を示した。共同声明の内容次第では、朝鮮半島に残る冷戦構造の終焉(しゅうえん)につながる可能性があり、アジアの安全保障環境は重大な転換点を迎えた。

 トランプ氏は共同声明を「非常に重要で包括的」とし、内容は12日午後4時(日本時間同5時)の記者会見で説明するとした。正恩氏と「特別な絆を築いた」と強調した。

 正恩氏は署名式で「新たな出発を知らせる歴史的な文書に署名する」と指摘。トランプ氏に謝意を表明し「世界は恐らく重大な変化を見ることになるだろう」とした。

 両首脳は握手して通訳を交えた一対一の会談に入り、トランプ氏は正恩氏と「素晴らしい関係を築く」と表明した。正恩氏も、足かせとなる過去があったが「全てを克服してここまで来た」と述べた。約40分間の一対一の首脳会談後、ポンペオ米国務長官、北朝鮮の金英哲(キムヨンチョル)党副委員長らを加えた拡大協議を実施し、昼食会も開いた。

 トランプ氏はシンガポールに入国する前、60年以上休戦状態にある朝鮮戦争の終結合意を検討していると明言していた。11日の安倍晋三首相との電話会談では、日本人拉致問題を提起することを「100パーセント保証する」と表明した。(共同)

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ