【新刊レビュー】ここから始まる人生100年時代の男と女

2018年6月5日11時55分  スポーツ報知
  • 蜷川有紀・猪瀬直樹著「ここから始まる人生100年時代の男と女」

 ▼「ここから始まる人生100年時代の男と女」(蜷川有紀・猪瀬直樹、集英社、1512円)

 5年前に最愛の妻を亡くした元東京都知事の作家は、永別の3年後に誕生日と血液型が同じ女性と出会った―。人生はいくつになっても好奇心を持ち、幸せを求め続けていくべきなのであろう。日記形式のエッセーでつづられた行間から、これでもかと幸せがにじみ出ている。

BOOKセレクト
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ