【関西学生】立命大・辰己、4打数2安打の好スタート 巨人スカウト部長「三拍子そろった選手」

2018年4月7日19時38分  スポーツ報知
  • 京大との開幕戦で2安打を放った立命大・辰己涼介

 ◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第1節 立命大3―2京大(7日・わかさスタジアム京都)

 今秋ドラフト候補の立命大・辰己涼介(4年)が9球団のスカウトが視察した開幕戦で、4打数2安打と好スタートを切った。

 9回無死一塁では左翼へ二塁打を放ち、奈良龍の決勝2点適時打につなげた。「1本出てちょっと調子に乗った。欲が出た」と苦笑した。巨人の岡崎スカウト部長は「三拍子そろった選手。足が速いし、肩も強いし、打撃もいい」と、今後も注目していくことを明かした。

 通算100安打まであと15本。元オリックス・田口壮(関学大)のリーグ最多123安打更新も見据える。「同学年が就職活動を頑張っているので、僕も野球が就職活動。神宮(大学選手権)に行くことがアピールになる。チームを全国に連れて行きたい気持ちは例年に比べて強い」と、4季ぶりの優勝に向けて意気込みを示した。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ