【東都大学準硬式野球】東洋大、タイに持ち込む

2018年4月17日16時35分  スポーツ報知
  • 東洋大の勝利に貢献した内藤(右)と瀬下

 ◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 東洋大6―1中大(17日・上柚木公園野球場)

 東洋大が逆転勝ちで対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 1点を追う5回、2死一、三塁の好機を作ると、柿岡信太郎(2年=狭山ヶ丘)、内藤優(4年=藤代)の連続適時打で逆転。6回にも2点、9回にも1点を加え、先発の瀬下泰世(3年=藤代)から木村稜(3年=青森)への継投で逃げ切った。中大は3回、端岡陸(3年=報徳学園)の適時二塁打で先制するも、投手陣が相手に傾いた流れを止められなかった。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ