【仙台六大学】巨人・岡本の後輩、東北福祉大・清水聖が先制&逆転の2点二塁打大活躍

2018年5月6日7時0分  スポーツ報知
  • 5回2死一、三塁から逆転の2点適時二塁打を放った東北福祉大・清水聖

 ◆仙台六大学野球第5節第1日 ▽1回戦 東北福祉大8―4仙台大(5日・東北福祉大野球場)

 首位同士の対戦は東北福祉大が仙台大に8―4で先勝。福祉大は「5番・左翼」の清水聖也(3年)=智弁学園、写真=が初回と5回に2点適時二塁打を放つ活躍を見せた。

 清水聖は初回1死に左翼の守備で相手のファウルボールを追い、フェンスに左のつま先を強打。「腫れて痛みがあった」というが、周囲に告げずに初回2死一、二塁の打席に立つと左中間へ先制適時二塁打。「チャンスで点を取るのが仕事」と胸を張った。

 一時は仙台大に逆転されたが、3―4で迎えた5回2死一、三塁に「負けているし(先制打だけでは)足りない」と中越えの逆転2点適時二塁打。中継が乱れたのを見ると「足の状態を考えると、進塁した方が点につながる」と果敢に三塁を狙ってアウト。ようやく三塁コーチに「厳しい」と伝え“お役ご免”となった。

 神戸市出身で、奈良・智弁学園高では2年時に、1学年上の巨人・岡本和真内野手とともに春夏の甲子園を経験した。「将来、プロや社会人に進むための環境がある」と福祉大を選んだ。3年目で5番打者に定着し、大塚光二監督(50)も「打つと止まらない。きょうは助けられた」と感謝。試合後は、左足を引きずりながら球場を去った清水聖は「役目は果たせた。次も勝利に貢献したい」。3年連続の全日本大学選手権出場へ気持ちの強さでチームを牽引する。(遠藤 洋之)

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ