【関西学生】京大が3勝目!藤原、関大に7安打リーグ戦初完封勝ち 7季ぶり勝ち点へ前進

2018年5月11日17時54分  スポーツ報知

 ◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第6節 京大1―0関大(11日・南港中央球場)

 第6節の1回戦が行われ、京大の藤原風太(3年)が7安打に抑え、リーグ戦初完封勝利を飾った。「快投で完封じゃない。どっちかっていうと疲れた。フォームが最後まで良くなかった。それなりに粘れた」と、最速137キロのスリークオーター右腕は186球の熱投を振り返った。

 村山智哉(4年)は「高低にばらついていたがゆえに、低めにワンバウンドを中心に投げられていた。的を絞らせなかった」と、好リードで完封をアシストした。

 同大学の完封勝ちは、2017年秋季に大山晟弥が関学大2回戦で記録して以来。京大のシーズン3勝も2季連続となった。工学部地球工学科に在籍する藤原は「チャンスになってははじき返されてきたので、そろそろ(勝ち点を)取りたい」と、2014年秋季以来、7季ぶりの勝ち点奪取へ意気込んだ。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ