【大学選手権】国際武道大・磯網、3打数3安打3打点で2年連続ベスト4貢献

2018年6月15日7時0分  スポーツ報知
  • 4回2死二塁、右中間へ適時二塁打を放つ国際武道大の磯網栄登

 ◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権第4日 ▽準々決勝 国際武道大8―0徳山大=7回コールド=(14日・神宮)

 国際武道大の磯網栄登(3年・東海大相模)が3打数3安打3打点と大暴れし、2年連続の4強入りに貢献した。

 5―0の2回1死満塁から右前に2点タイムリー、7―0の4回2死二塁では右前適時打を放った。「初球からどんどんいった結果です」と満足げだった。

 立命大との初戦(2回戦)は4打数無安打だったが「バットが寝ていたり、感覚的なところ」を修正した。岩井美樹監督(63)も「磯網は天才。バッティングは全然、教えない」と、センスを買っている。

 準決勝は九産大(福岡六大学)と対戦する。「(全日本大学選手権を)経験してきたメンバーなので、クリーンアップがしっかり打って勝ちたいです」と、勝俣翔貴内野手(3年・東海大菅生)、豊田寛外野手(3年・東海大相模)と、3人で固め打ちすることを誓った。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)