【大学選手権】慶大・河合、誓った初回出塁から得点…16日準決

2018年6月16日7時0分  スポーツ報知

 全日本大学野球選手権(報知新聞社後援)は、16日に準決勝が行われる。31年ぶりの優勝を目指す慶大(東京六大学)は15日、横浜市内の同大学グラウンドで調整。今大会9打数6安打と絶好調の1番・河合大樹主将(4年)は、初回に出塁して得点することを目標に掲げた。また、大会本部は天候を考慮し、試合開始時間をそれぞれ2時間30分ずつ遅らせると発表した。

 慶大絶好調のリードオフマンが、決勝進出のキーマンに自らを指名した。河合は東北福祉大戦に向け、「ここからが本当の勝負。先制点がカギになると思う。僕が初回に出れば、得点期待値が格段に上がる」と、気合を入れた。今季のリーグ戦は主に2番として出場。今大会から1番に起用されているが、「高校(関西学院)時代はずっと1番だったので、やるべきことは分かってます」と、頼もしかった。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)