【東都】日大がサヨナラ勝ちで1部復帰に王手 中大との入れ替え戦で先勝

2018年6月18日15時51分  スポーツ報知
  • 11回1死三塁、田中の一塁適時内野安打でサヨナラ勝ちした日大ナインはベンチを飛び出し大喜び

 ◆東都大学野球 春季1、2部入れ替え戦 第1日 日大2x―1中大=延長11回=日大1勝(18日・神宮)

 日大が中大にサヨナラ勝ちし、2季ぶりの1部復帰に王手を懸けた。

 延長11回1死三塁から、田中達朗二塁手(3年=日大三)が、一塁強襲の適時内野安打を放った。

 先発の上原進(4年=山梨学院)は、雨が降る中11回4安打1失点(自責0)11奪三振完投。「キツかったですね。カットボールがコントロール良く投げられた」と振り返った。

 スタンドにはOBの巨人・長野、青山、中日・京田らが駆け付けた。仲村恒一監督は「上原がよく投げてくれた。何とか勝たせてやりたいと思っていた」とホッとした表情を見せた。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)