元巨人・清水監督、U―15ワールドカップへ「全員野球」で世界一

2018年8月5日18時45分  スポーツ報知

 「第4回WBSC U―15ワールドカップ」(8月10日開幕・パナマ)に出場する侍ジャパンU―15代表の清水隆行監督(44)が5日、ジャイアンツ球場で会見し、世界一を目標に掲げた。

 元巨人の清水監督は「レベルが上がれば大量得点というのはなかなかない。全員で1点をとって、1点を守って、という野球を理想に戦いたい」と抱負を語った。メジャー経験もある高橋尚成コーチ(43)は「(海外での大会で)日本がどれだけ恵まれているかを感じてくれれば、野球人としてプラスになると思う」と、異国での経験によって選手が心身両面で成長することを期待。会見に出席した池田主将は「世界一になって清水監督を胴上げしたい」と力強く決意を口にした。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)