【侍ジャパン】稲葉監督が侍ジャパンU―15代表を激励

2018年8月5日18時47分  スポーツ報知
  • U−15侍ジャパンを激励した侍ジャパントップチームの稲葉監督

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が5日、ジャイアンツ球場を訪れ、侍ジャパンU―15代表を激励した。「第4回WBSC U―15ワールドカップ」(8月10日開幕・パナマ)に出場するメンバーに結束力の重要性を訴え、「この経験は次のステップにつながる。失敗を恐れず、思い切ってやってほしい」とエールを送った。

 稲葉監督はトップチームを率いる際にも、事あるごとに結束力の大切さを説いている。U―15世代が短期間で結束する手法として、「野球以外のところでは食事も大切。集まってチームのことや野球観などを話し合うことでチーム力も高まっていく」とアドバイスした。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ