東邦・石川昂弥、2安打も9回途中7失点で初戦敗退

2018年11月9日23時44分  スポーツ報知

 ◆明治神宮野球大会第1日▽高校の部1回戦 東邦3―7八戸学院光星(9日、神宮)

 東邦のプロ注目スラッガー、石川昂弥(たかや・2年)が初戦で姿を消した。

 本来は強打の三塁手ながら、エース不在のチーム事情で背番号1を背負い、「3番・投手」で出場。右中間を鋭く破る二塁打を放つなど2安打の活躍を見せたが、投球の方は初回にいきなり3連続適時打で5点を先制されるなど、9回途中7失点で降板。「ボールに勢いがなかった。もう少し(神宮で)やりたかったです」と唇をかんだ。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)