【東都大学】侍ジャパン高校代表の常葉大菊川・奈良間ら22人が立正大に合格

2018年12月20日12時58分  スポーツ報知
  • 立正大に合格した奈良間

 今秋の東都大学リーグを制した立正大硬式野球部は20日、来年度の公募制スポーツ推薦入試合格者22人を発表した。今夏の甲子園でホームランを放つなど16強入りし、侍ジャパン高校代表でU18アジア選手権(宮崎)に出場した常葉大菊川(静岡)・奈良間大己内野手、今春センバツで21世紀枠の関東・東京地区候補校に選ばれた藤岡中央(群馬)の146キロ右腕・門馬亮ら合格者は以下の通り(名前の〇は甲子園出場)。

 ▽投手

 谷田部健太 常総学院

 小林 未来 啓新

 北原 龍樹 聖望学園

 門馬  亮 藤岡中央

 川澄 裕音 水戸商

 ▽捕手

 渡部 壮太 埼玉栄

〇大松 将吾 聖光学院

 ▽内野手

 田中 優大 天理

 梶原 暉理 上宮

 池ノ上和貴 埼玉栄

 石垣 永恭 八重山農林

〇奈良間大己 常葉大菊川

 大久保龍成 常総学院

〇神頭 勇介 報徳学園

〇竹内 大貴 羽黒

〇金子  凌 日大三

 斎藤 真輝 宇都宮工

 ▽外野手

 増永 光希 啓新

 小林 俊輔 水戸商

○斎藤真乃輔 佐久長聖

 野々村太誠 大阪偕星学園

 ▽マネジャー

 河野  翔 和歌山東

アマ野球
注目トピック