【東都】青学大、安藤新監督就任、即始動「1部復帰」を宣言

2019年1月6日13時4分  スポーツ報知
  • 河原井前監督から譲り受けたグラウンドコートを着て、始動した青学大の安藤新監督

 東都大学リーグ2部の青学大は6日、新監督にOBで青山学院高前監督の安藤寧則(やすのり)氏(41)がこの日付で就任したことを発表した。

 安藤新監督は1977年岡山市生まれ。青学大3年時の98年秋から昨夏まで青山学院高監督を20年間務め、夏は最高で06、11年と2度の東東京8強。昨年は同大の野球部アドバイザーとして週末を中心に指導していた。チームは昨年、12度のリーグ優勝、4度の全日本大学野球選手権制覇を誇る河原井正雄監督が復帰したが、秋限りで退任。14年秋以来の1部昇格に向けて新体制を整えた。

 この日は神奈川・相模原市の同大グラウンドで練習始め。安藤新監督は恩師の河原井氏から譲り受けたグラウンドコートを着て、ミーティングで「1部復帰する。ここはぶれない」と宣言。「チームあっての個人。目標を明確にしたい」と全選手との個別面談を進めた。

アマ野球
注目トピック