元法大監督・五明公男氏の告別式に柴田勲氏ら300人参列「我が人生に悔いなし」

2019年3月16日12時44分  スポーツ報知
  • 元法大監督の五明公男さんの告別式に参列した(左から)柴田勲氏、松永怜一氏

 元法大監督で1日に大動脈解離のため亡くなった五明(ごみょう)公男氏(享年75)の告別式が16日、東京・町田市の南多摩斎場で営まれた。

 法政二(神奈川)で同期の元巨人・柴田勲氏、法大OBでロサンゼルス五輪代表監督の松永怜一氏、山中正竹全日本野球協会会長ら300人が参列。棺には「HOSEI」のユニホーム、タオルが納められた。斎場では、61年センバツ優勝や、法大指揮官時代に江川卓(元巨人)を擁してのリーグ完全4連覇など功績を称える映像、スライドが流れ、結びに法大教授退職時のコメントが映し出された。「自分の人生は反省ばかりで、悔しいこともあったし、涙流した時もあるんだけど、そういうことを含めても、かっこよく言えば『我が人生に悔いなし』と思っています」。

アマ野球
注目トピック